<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雑貨屋めぐり

今日は天気のいい休日。お店に置くインテリアを買いに自由が丘に。


適当に歩いて見つけた


quatre saisonsというフランス雑貨の店と、


シナモンスティックというアメリカ雑貨の店で買い物してきました。


今日の戦利品。

d0281942_2043796.jpg



いろいろ買ったので、そのうちお店に飾ります。
[PR]
by ginza-foiegras | 2013-01-27 20:06 | 雑記
今回は旬の新じゃがを美味しく食べるためのメニューです。


銀座フォアグラ流のじゃがバター。


ではローズマリーバターの材料から。


d0281942_1131236.jpg



無塩バター            30g
オリーブオイル          20g
ニンニク(みじん切り)      40g

無塩バター           300g
ローズマリー           3本
塩                  5g
胡椒                少々
レモン汁              少々


1・バター30グラムとオリーブオイルとニンニク、塩こしょうを
鍋に入れて弱火にかけます。

d0281942_11395134.jpg


d0281942_11405631.jpg


バターがふつふつと泡立つ位の火加減で3分位ニンニクに火を通します。
ニンニクを生で混ぜるのが一般的ですが、火を通すと辛みが飛んで
香りがまろやかになります。

2・ボールにバター300g、ローズマリー、荒熱をとったニンニク、レモン汁を
  入れます。

d0281942_1212412.jpg


  ポイント!!ローズマリーは色が変わりやすいので混ぜる直前に
          みじん切りにしてくださいね。

  ポイントその2!!バターは電子レンジに10~20秒かけて柔らかくします。
              室温に長時間出して柔らかくする方法だと
              バターが酸化して臭いが出てきます。
              こちらも混ぜる直前に柔らかくするのがコツ。

よく混ぜ合わせたものがこちら


d0281942_12135272.jpg


このようにラップで棒状に包んでおけば使いやすく
冷凍保存もできます。

d0281942_12145112.jpg


後は塩ゆでした新じゃがにバターをからめるだけでOK!

d0281942_1219266.jpg

d0281942_12192453.jpg


バターが焦げないように少々の水とローズマリーバターを20グラム位
パセリのみじん切りがあれば一緒にいれましょう。

d0281942_12241537.jpg


出来上がり~(●^o^●)
ほかにもキノコやチキンソテーなどにも使える便利なアイテムですよ。
[PR]
by ginza-foiegras | 2013-01-27 12:29 | レシピ
皆さん、燻製料理といえば何を思い浮かべますか?


定番のスモークサーモンやベーコン、ちょっと珍しい所で


チーズや卵なんかも燻製に出来ますね。


わが銀座フォアグラではおそらくほとんどの人が


見たことがないであろう珍しい燻製があるんです。


d0281942_926873.jpg


スペイン アンダルシア州の冷燻オリーブオイル。


早摘みのオリーブを実が傷まないように20℃の低温、


低圧で搾って作る繊細なエキストラヴァージンオリーブオイルに


じっくり10時間かけて燻煙をかけたものです。


サーモンやホタテなどのマリネや牛肉のカルパッチョ、


ほかにもサラダやチキンソテーなど


かけるだけでほのかな燻製香がして


いつもの料理が大変身!


銀座フォアグラでも大活躍のオイルなんです。


いろいろな料理に使っていますので、


ぜひ食べに来て下さいね。


ボトルもおしゃれでとっても可愛いです。
[PR]
by ginza-foiegras | 2013-01-23 09:46 | 雑記
銀座フォアグラ シェフ秋山です。


今回はフォアグラと日本料理のコラボ。


フォアグラの西京焼きを作ります。


まずは材料から


d0281942_1275878.jpg



西京白味噌                 200g
普通のお味噌                50g
生姜(皮ごとすりおろし)          20g
砂糖                      80g
白ワインまたは日本酒           60g
 (沸かしてアルコールをとばしたもの) 

フォアグラスライス            人数分
米ナスやエリンギ
 などお好みのお野菜           適量


まずは調味料をすべてボールに入れます。


d0281942_12225048.jpg
   


よく混ぜ合わせるとこんな感じ


d0281942_12233022.jpg



タッパーにできた味噌床を半分入れます。

d0281942_12253082.jpg


ガーゼをひいてフォアグラを並べます。

d0281942_12261917.jpg


このとき白身魚や鮭、お野菜なども一緒に漬け込むことも出来ますよ。

上にもガーゼをかぶせて残りの味噌をかぶせます。

d0281942_1230335.jpg


この状態で二日間漬け込みます。

さあ二日経ったものがこちら、

d0281942_12362182.jpg


フォアグラにしっとりと西京味噌の香りがしみ込んでいます。

漬け込む前とフォアグラの枚数が違うじゃん!というツッコミはなしですよ(笑)

さてこれをフライパンで焼いていきます。

今回はナスを一緒に焼きました。

d0281942_12431183.jpg


とにかく焦げやすいので弱火でじっくりと

焼き色がついたら裏返します。

d0281942_12452778.jpg


裏表2分ずつ位焼けばOK。

盛りつけたら、お好みで山椒とオリーブオイルをかけて召し上がれ。

d0281942_1248282.jpg


日本酒や赤ワインにぴったりです。

ちなみにフォアグラは当店で販売もしています。
お店までお問い合わせ下さい。
[PR]
by ginza-foiegras | 2013-01-20 12:54 | レシピ

2013年新メニュー!

明けましておめでとうございます。


銀座フォアグラ シェフ秋山です。


1月18日にもなってようやく新年の挨拶です。


ダメですね~。許してください。


さて我が銀座フォアグラもオープンして


あっという間に一カ月経ちました。


2013年アラカルトメニューをたくさん増やして


元気に営業しています。


では、おすすめメニューを紹介しますね。


d0281942_8463042.jpg



こちらは王道メニュー、フォアグラのテリーヌ850円。


塩 胡椒でマリネしたあとフォアグラの脂の中で火を通した


ねっとり濃厚でありつつ、後味はさっぱり。


フォアグラの甘~い香りだけが残ります。


もうひとつ


d0281942_856668.jpg



こちらはフォアグラの西京焼き900円。


ちょっと甘めの白みそに2日間漬け込み、


米ナスと一緒にじっくり焼き上げた、フォアグラと日本料理のコラボ。


赤ワインと相性バツグンなんです。


ほかにもフォアグラ料理、お肉、お魚、お野菜料理


いろいろおすすめがありますので、


また次回紹介しますね。
[PR]
by ginza-foiegras | 2013-01-18 09:12 | 雑記